いつまでも今の収入は続かないというが、役職定年がない私は一安心!

スポンサーリンク

厚労省が公開している「賃金構造基本統計調査」によれば、サラリーマンの場合、収入が一番多くなる年齢は「50~54歳」です。
収入が高い人は、月給が60万円を超えている例もあります。

ここが、収入のピークで、ここからは減収の道のりを、ひた走ることになります。

多くの会社では、「55歳」をもって役職から外れる「役職定年」という制度があります。
役職定年がある場合は減収の一途を辿ります。

これは初めて聞いたのですが、私が勤めている会社では当てはまりません。

いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。


50歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

スポンサーリンク