「パートの妻」が扶養の枠を超えて社会保険に入ったほうが良い訳

スポンサーリンク

うちの妻もそうなのですが、パートで働く場合、扶養控除内(およそ年収100万円)で働いていると思います。

ですが、ご主人が亡くなったことを考えて、高額な生命保険に入っている方もいると思います。

高額な生命保険に入れなかった場合どうすれば良いのかと考えたら、件名の扶養枠を超えて社会保険に入ったほうが良いのではないかと思ったのです。

扶養の枠で働くと、老後は国民年金3号のみですので、ご主人が亡くなったらご主人の厚生年金の75%しか遺族年金しかはいりません。

女性の方が長生きなので、少々厳しいです。

そこで、ご自身で就職先に社会保険があるところを選び、厚生年金を払えば、老後に安心なのではないでしょうか?

健康保険も病気やなどに手厚い保障があるので安心。

パート求人も人手不足で雇用条件も良くなっているので、見直すと良いでしょうね。

いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。


50歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

スポンサーリンク