【おさらい】健康保険は少ない自己負担で保障充実、なので医療保険は・・・

スポンサーリンク

保険制度は仕組みが複雑ですが、健康保険の機能は主に次の3つです。

1.療養の給付
病気やけがをして病院で診てもらうと窓口で治療費を薬局で薬代を支払うことになりますが、個人の負担は実際の費用の3割ですみます。

2.高額療養費制度
3割負担とはいうものの治療費が高額になった場合に、毎月の治療費負担が一定額に抑えられる制度。治療が長引けば限度額はさらに下がります。

3.傷病手当金
病気やけがで働けなくなり、職場からも給与が払われなくなったり減らされたりしたときの休業補償を目的とした制度です。補償されるのは給与日額の3分の2で、期間は休業4日目から最長1年半。その間に給与が支払われているかどうかにかかわらず、それまでの給与の3分の2の支払いが補償されるのです。ただし、傷病手当金はサラリーマンのみに適用される補償で、自営業者(国民健康保険加入者)にはこの制度はありません。

上記の3つの保障内容については、中小企業が加入している健康保険では額面どおりの運用です。一方、民間の医療保険はというと、基本は入院したときに1日5000円とか1万円、手術や先進医療を受けたときに「給付金」などが定額で支払われるだけの仕組みとなっています。

【一言】
 意外と2,3はあるのかと知らなかった方が多いのでしょうか。
 これがあるので、医療保険にお金をかける必要がないのです。
 自営業者が加入する国民健康保険は3の制度はありません。

いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。


50歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

スポンサーリンク