【おさらい】老後のための保障だけじゃない年金保険

スポンサーリンク

年金保険とは、「老齢年金」(長生きしたときの保障)、「障害年金」(障害状態になったときの保障)、「遺族年金」(亡くなったときの保障)という3つの保障を備えた社会保険制度です。この保険のために、みなさんは相当な額の保険料を毎月支払っています。多くの人が、こうした年金保険の機能を認識しないまま生命保険を買っているのです。

まず、これら3つの保障には、国民全員が加入する「基礎年金」と、基礎年金に上乗せして、サラリーマンや公務員が加入する「厚生年金」という2種類の年金があります。サラリーマンなどは「基礎年金」+「厚生年金」の2階建てになるということです。

1.老齢年金

・老齢基礎年金の保障

・老齢厚生年金の保障

2.障害年金

・障害基礎年金の保障

・障害厚生年金の保障

3.遺族年金

・遺族基礎年金の保障

・遺族厚生年金の保障

【一言】
 私は今から個人年金に入る必要はないと考えているので、ある程度貯金で頑張ろうと思っています。

いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。


50歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

スポンサーリンク