【国民年金】「もらい忘れ年金」、約10万円UPする「お宝年金」って?

スポンサーリンク

自営業者や農家などの国民年金の第1号被保険者は、保険料を40年満額納めた場合でも、1ヶ月あたりの受給額は約6万5000円。40年納めてこれでは心もとない。ところが、このような人々が手軽にできるとっておきの年金増額方法がある。それが「付加年金」、通称「お宝年金」だ。

 これは、毎月支払う老齢基礎年金に、プラス400円追加で保険料を支払う「付加年金」に加入する方法。この付加年金に加入すると、将来年金を受け取る際、付加保険料を納めた月数に200円をかけた金額が、老齢基礎年金に加算されて支給されるようになる。

 例 付加年金を480ヶ月(12ヶ月×40年)納めた場合、
   200円×480=9万6000円が年間に追加で支給される

 付加年金を満額の19万2000円(400円×480ヶ月)納めたとしても、9万6000円×2=19万2000円、つまりたった2年で元が取れる計算だ。何歳から納めても2年で元が取れるようになっており、まさに「お宝年金」というわけだ。さらにこの付加年金は60歳以上でも加入が可能。その対象となるのは、60歳になった時点で老齢基礎年金の納付数が480ヶ月(40年)に満たない場合に限り、この不足した期間分だけ、60歳から64歳の間に納めることができる。また、サラリーマンの妻も加入のチャンスがある。

たとえば、会社員の主60歳で定年退職をしたとき、奥さんが56歳だった場合。奥さんは60歳になるまでの4年間、第1号被保険者として国民年金を納める必要がある。このとき付加年金を納めるチャンスが生まれるのだ。詳しく知りたい方は本書を読むか年金事務所に問い合わせてみるといいだろう。

【一言】
 自営業の方なら、これは検討する余地がありますよ。
 夫婦でしたら20万近く増やすことが出来ますよ。
 

いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。


50歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

スポンサーリンク