65歳での年金受取額は、厚生年金基金があるのとないのと全然違う

スポンサーリンク

私の65歳での年金受取額をねんきんネットで確認しました。

会社員ですと、2段階(国民年金+厚生年金)の構成で、年金を受け取れますが、当然全然足りない。
会社員によっては、厚生年金基金が会社で入っていると、安心感が全然違いますよ。

私は転職4社しており、そのうち2社が厚生年金基金に入っていたので、期間は18年半。
厚生年金基金の受取額が、国民年金+厚生年金の4割と試算、年金で2人で食べていくのには問題ない。

ただ、余裕を持たせたいと考えた私。
収入源を洗い出ししました。

国民年金・厚生年金
厚生年金基金(2社分)
副業
妻年金
バイト(夫) 75歳まで
バイト(妻) 70歳まで

上記で見積もれば、現役世代と変わらない。笑

次回は、70歳で年金を受け取る場合を紹介します。
これは大変です。

いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。


50歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

スポンサーリンク