70歳からの年金繰下げ支給にすると年金が42%増加、実際選択しているのか?

スポンサーリンク

では、「繰下げ支給」すると、どれぐらい年金が増えるのか計算。

とはいっても、厚生労働省が出している数字があるので引用します。

ここでは、計算しやすい「老齢基礎年金」で満額だった場合どうなるのでしょう。

老齢基礎年金の保険料を、40年間納めた場合、65歳から満額の「780,100円」が支給されます。
これは年額ですから、月額に直すと「65,008円」です。

では、支給開始を5年遅らせて、70歳から繰下げ支給すると、42%増えます。
さきほどの金額で計算してみると、年額で「1,107,742円」、月額で「92,311円」に増えます。

ここでは、老齢基礎年金で計算しましたが、サラリーマンや公務員の方の「厚生年金」でも、同じ割合で年金額が増えます。
厚生年金については、厚労省では夫婦二人のモデルの想定支給額を公開しています。

これは、40年間サラリーマンとして働いた夫と、専業主婦の組み合わせが想定されています。
その金額は月額で「221,507円」です。
これが、70歳からの繰下げ支給にして、42%増えると「314,539円」になります。

実際のところ、
繰下げを選択する人は1.3%,
本来(65歳)61.6%
繰上げ37.1%

私は、繰り下げを選択した方がお得感はあると考えましたが、そうなると65~70歳の間は
私は退職金がないので働く必要があります。

いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。


50歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

スポンサーリンク