知っておくと便利な年金・・・在職老齢年金とは何か?

スポンサーリンク

在職老齢年金制度とは、60歳以降働きながら年金を受け取る場合、給料と年金月額の合計額が一定額を超えると、年金が全部又は一部がカットされる制度です。

ん?何でだろうでしょうね。

働きながら厚生年金保険料を払いながら、在職老齢年金が貰える年金制度になります。

年金定期便で特別支給の老齢厚生年金/老齢厚生年金が書いていると思いますが、これが上記でいう年金の年額になり、12で割ったものが年金月額になります。
年金年額120万円・月額10万円で計算してみます。

60歳~64歳までは、次の計算式で計算します。(給料+年金月額-28万円)×1/2

それでは、具体的にカット額を算出してみましょう。

・給料 20万円
・年金月額 10万円
の場合、先ほどの計算式に当てはめてみると、

(20万+10万-28万)×1/2=1万円

すなわち、このケースでは年金が月額1万円カットされることになります。このケースは月額の年金が10万円ですから、10万円-1万円=月額9万円が支給されます。

ということは、給与20万+年金9万円=月の収入が29万円となります。

これに雇用保険から出る高年齢雇用継続基本給付金が合わせてあると、供給調整があり、さらに在職老齢年金は少なくなります。

いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。


50歳代ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

スポンサーリンク